本文へ移動

保存処理木材

加圧注入による防腐・防蟻処理

木材の劣化が最も著しいとされるのが生物劣化(木材腐朽菌によるくされとシロアリの食害)です。
圧力を加えて薬剤を注入することで、塗布処理よりも多くの有効成分を木材中に留めることができ、生物劣化から木材を守ります。

委託注入

現在、福岡市の箱崎埠頭にある工場において、木材の委託注入処理および、サーモウッド処理を承っております。
ページ最下段のお問合せ先までお気軽にお問い合わせください。

薬剤の安全性について

保存処理に使用する薬剤は、有害な有機化合物を含まないので、シックハウス症候群の原因となるVOCや発癌性物質、環境ホルモンの発生源とならず、極めて安全です。

防火木材(外装材)・不燃木材(内装材)

建材にも大切な人命を守る義務があります

それは、完成した建物で過ごすたくさんの人々の大切な生命を守るためです。
なぜ、不燃材料・準不燃・難燃材料を使わなければならないか。もし万が一、火事が発生した場合、使用した内装材が、法で定められた「必要な燃えにくい性能」が備わっていなければ...。

建材メーカーの責任

建材を販売するメーカーとしての責任。さらに、その「燃えにくい性能」の品質維持管理のために、当社が取り扱う防火木材・不燃材、準不燃材、難燃材は、国産材の仕入から、加工、防火処理、木材の乾燥まで一括管理体制で製造。不燃材、準不燃材、難燃材料に必要な、「燃えにくい性能」の維持管理のために。防火木材・不燃材、準不燃材の製造と品質維持管理に、私たちは真剣です。

地産外消

都市建築で国産材を利用することにより、
  • ヒートアイランド抑制効果
  • 室内省エネ効果
など、さまざまな都心部の環境改善効果が望めます。

当社に関するご質問・ご相談などはお気軽にお問い合わせください。

Tel.092-738-0322 / Fax.092-738-0323


TOPへ戻る