チクモクの活動
環境活動
チクモクは環境活動にも取り組んでおります。Co2を吸収する森を育て、地球温暖化防止に貢献します。 地球温暖化の原因となっている二酸化炭素(CO2)の大きな吸収源として、森林が注目されています。京都議定書では、日本のCO2の排出量を1990年の水準より6%削減することが義務づけられています。そのうち3分の2にあたる3.8%を森林による吸収が担っています。 森林の木々は大気中のCO2を吸収し、炭素として固定します。そして木造住宅や木製品になっても、炭素は長年にわたって木の中に蓄えられます。
教育活動
チクモクは地域の教育機関にも取り組んでおります。適切に管理された森林から伐採された木材を使うことは、森林の整備に貢献するだけではなく、地球温暖化の防止や大気・水・土壌などの環境の維持に貢献するという意義があります。
生活の洋式化や代替品の進出に伴い、身近な生活用品から木材、とりわけ国産材の利用が減少している状況にあります。また、住環境の変化や、プラスチック製品の普及などにより、木製品が生活の中から著しく減少している。さらに、それと連動するように、趣味の多様化、インターネットや家庭用ゲーム機の普及などにより、余暇活動から日曜大工や趣味の木工芸などを行う者が減少・高齢化してきている。結果、それらの材料である木材からも疎遠になる傾向があります。